First Sign:blog

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涸沢、再び(その1)

20110923a.jpg
昨年に引き続き、今年も涸沢へ行ってきましたよ~。

ほんとは遅めの夏休みってことで間の3日間も休みにしてあって、この平日中に行って帰ってくるつもりだったんだけど、あいにくの台風15号が直撃。
20日の夜に出て23日には帰ってくるつもりが、21日に台風が直撃、21日の夜には関東を過ぎたものの肝心の中央道と上高地線が閉鎖。
やむなく22日の夜に出たものの首都高でしっかり渋滞にはまり、抜けるまでに1時間半と散々な出立に。
なにより3連休に合わせると混むし、後ろに予備日が立てられないから避けたかったんですがね~。

首都高を抜けてからは順調で、双葉SAで小休止した後は一気に松本ICへ、その後は昨年バスで通った道を新島々とか横目に眺めつつ通過。
トンネル以外は街灯すらまばらな山道を、いったん気付かずに素通りしたりしつつ何とか無事沢渡に到着。
市営の第2駐車場に無料の足湯があると聞いていたんでそこに車を止めて、朝一のバスの時間を確認したら、3連休の特別運行で5時前からバスが出てるとのこと。
(出立前に調べてたところでは、この時期通常は6時半が最早だったのよ)
とりあえず車に戻って荷物を準備したら1時間ほど仮眠して、バスの時間に合わせてバス停に向かったら運良くタクシーの乗り合い募集を見つけ、結局バスより安く快適に上高地入りすることが出来ました( ̄▽ ̄)ノ

20110923b.jpg
5時過ぎの上高地BT。
既に登山者でBT前のベンチは賑やか。

20110923c.jpg
河童橋も、観光客の姿も無く登山者はみんな素通りと、日中の混雑とは大違いで静かな佇まいが印象的でした。

20110923d.jpg 20110923e.jpg
明神に向かう道も上々の天気で、明神岳が朝日に輝いてましたよー。
明神から徳沢を通過して、横尾で軽くミニあんぱん2つを齧った後は槍や蝶に向かう人を羨みつつも涸沢に向かってゴー。

20110923f.jpg
横尾から1時間程度で本谷橋に到着。
さすがに水量も豊富で気持ちの良い沢沿いの風に当たりつつも、なんか身体の調子も良いので休憩もそこそこにこのまま涸沢へ。

20110923g.jpg 20110923h.jpg
20110923i.jpg 20110923j.jpg
1年ぶりの涸沢に到着~。
涸沢に近づくに連れての、もうこのヌっと突き出てくるような、聳え立つ山容は何度見ても素晴らしいですな。
ヒュッテ脇に生えたナナカマドも、実の赤が映えて実に良い感じ。

20110923k.jpg
しばらく景色に見とれていたらバラバラとヘリが近づいてきて、あっという間に裏のヘリポートに着陸。
すばやく荷物を降ろして飛び立ち、穂高岳山荘に向かっていきました。

20110923l.jpg
1年ぶりの涸沢ヒュッテのおでん。
ジャガイモがちょっと硬かったのが残念。

20110923m.jpg
で、一息ついてからテント場で適当なスペースを見つけてテントを設営。
地面は石がゴロゴロしてて、マットを敷いてはいるもののこの上に寝るのかと思うとちょっと不安になりますなー。
周りに騒がしいパーティが居るとなかなか寝付けないと聞いていたもんで、周りにそれほど広いスペースのない(大きなテントが張れない)場所を選びました。

んで、テントを設営し終わったのが11時過ぎ。当初の予定ではこの日はこのまま幕営して、翌朝に奥穂高岳に向かうつもりだったんですが、上高地入りした時点で予定より2時間前倒し、更には昨年の記録を参考に立てた予定より30分以上早く到着しちゃったもんで、この時点で12時前。
ここで足を止めるにはちょっと惜しいなということで、小屋のスタッフの方に話を聞いたりしながら、急遽予定変更で奥穂高の山頂に向かうことに。
荷物をテントにデポして、水や貴重品等最低限の荷物を持ち、パノラマコースからザイテンに向かって出立。
この予定変更が頭にあったもんで、ヒュッテでおでんを注文する時にもビールとのセットを頼まなかったのでした。

20110923n.jpg
20110923o.jpg 20110923p.jpg
昨年は雨と風で途中で引き返したザイテングラートでしたが、今年は天気も上々。
その分見通しの良い直下の景色と高度感におびえつつ(笑)も、岩にしがみつき、鎖と梯子を伝ってヒーコラ言いながら穂高岳山荘目指して。

20110923q.jpg 20110923t.jpg
2時間ほどでやっとこさ穂高岳山荘に到着。
いやザイテングラートきついです(^^; ただでさえ足が既にガクガクに疲れきってたところに、途中でルート見失って浮石におびえながら間違ったとこをよじ登ったときは本気で死ぬかとorz

20110923s.jpg 20110923r.jpg
左が奥穂高岳山頂へのルート、右は涸沢岳山頂。
涸沢岳山頂までは20分程度とのことだけど、体力的にも時間的にも余裕が無かったのでパス。
えー、話には聞いていましたが、奥穂への梯子と鎖はマジでビビリました( ̄▽ ̄;
あんなとこよじ登れとか無茶すぎるだろ!!更に登りと下りで人が交差するとか下で見てるだけで怖いわ!!とかしばらく呆然と眺めてました(笑)

なんかもー、登ってる最中はホント生きた心地がしなくて、とにかく必死で梯子や鎖にしがみ付いてました(;´Д`)
他所様のblogに良く載ってる梯子の上からの穂高岳山荘の写真とか、自分が登ってる最中はそんな写真撮る余裕どころか撮ることすら思いつきもしなかった(笑)
下見ちゃうと足が竦んで動けなくなるんで、梯子登りながら正面の岩だけ見つめてましたよ。

20110923u.jpg 20110923v.jpg
20110923w.jpg 20110923x.jpg
で、30分ほどかけてようやっと梯子を上りきり、時たま反対側の崖下に上高地が覗けたりしつつも「あー、ここで足滑らせたら間違いなく死ぬなー」とか疲れの余り冷めた目で見つつ更に狭いガレ場を延々と歩き続けること30分余り。
ようやっと奥穂高岳山頂に到着ヽ(T▽T)ノ
人はそれなりに居たけど、ちゃんと邪魔にならないように他人に見つからないように撮りましたよ(´д`)イヤホント

20110923y.jpg
ちなみに山頂に到着する直前辺りから風と雲が出始めて、山頂に到着したタイミングで辺り一面真っ白。
直前には前穂高やらジャンダルムも見えてたってのに、数十mから先は全く見えない雲の中。
更には雨かと思ったら雹が降り始めて『寒い』を通り越して『痛い』にΣ(;´Д`)

上高地を出発してから涸沢に着くまでは、というかほんのついさっきまではシャツ1枚でも暑いくらいだったのが、いきなりこのままじゃヤバイって位まで急転直下で気温が下降。
念の為に防風用に上着を1枚着てきてはいたものの、そんなもんじゃ耐え切れないくらいの寒さに加えて辺りの視界の悪さに泣きたくなりつつ、視界が回復する見込みもなさそうだと判断して早々に下ることに。
とはいうものの登る時ですら恐々としていた梯子は雹で濡れて滑りやすく、更には寒さに震えながらかじかんだ手で下るのは心身両面で心底辛かったですorz

20110923z.jpg 201109230.jpg
ザイテンの下りも時間が遅くなったこともあって人に殆ど会わず、風と雹に晒されながらひたすら延々と独りで下り続け。
なかなか近づいてこないテント場のテントにじらされながら、なんとか18時前に涸沢に辿り付きました。
ちなみに涸沢小屋に向かったものの、もう夕食の時間だったもんで売店のある食堂は客で一杯、昨年食べたソフトクリームにはありつけず仕舞いorz

その後テントに戻ってちょっと休憩して荷物をまとめ、(この間およそ30分ほど)外に出てみたら真っ暗になっていてビックリ。
陽が山の陰に入ると驚くほどの速さで暗くなるんですなー、テントに着いたときは普通に明るかったのに、ほんのちょっとの間にライトがないと歩くことも出来ないくらい真っ暗になってました。
で、この時点でまだメシも食ってなかったんですが辺りは真っ暗、ヒュッテの売店前は人で埋まっていて、なんかもう面倒くさくなってお湯だけ沸かしてドライフードのドライカレーと一口サイズの焼き豚だけ作って食べ始めたものの、ドライカレーが思いの外××だったもんで半分ほど食べた時点でもう良いやと諦め、疲れもあってさっさとシュラフに包まって眠りに着くことに決定。
アイマスクと耳栓のお陰で19時ごろにはぐっすりと。


9月23日
出立(22:10)→双葉SA(01:00~01:25)→松本IC(02:25)→沢渡(03:35~05:00)→上高地BT(05:30~05:52)→明神(06:33)→徳沢(07:14)→横尾(08:02~08:15)→本谷橋(09:05)→涸沢ヒュッテ(10:37~11:48)→見晴台(12:11)→ザイテングラート取り付き(12:43)→穂高岳山荘(13:50)→山頂(14:53~15:11)→穂高岳山荘(15:44)→ザイテングラート取り付き(17:09)→涸沢小屋(17:52)→涸沢(18:00)→夕食(18:30)→就寝(19:00)

スポンサーサイト

コメント

今回はがんばって写真撮りましたね!

(´ー`).。oO(ねんぷちの方なw

うわぁんチクショウ、人がこっち見てないときにさっと出して撮るの大変だったんだぞぅorz

しかしルカは可動部少ないから面白い写真は撮り辛いね~。
やっぱミクはすげーわw 予備あったら持っていくんだけどなぁ。
ねんどろの応援ミク持ってくと面白そうだけど、さすがに無理だw

いいじゃんか持ってけよ!周りとか気にするなよwww

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://firstsign.blog6.fc2.com/tb.php/93-55632e19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

雲猫

Author:雲猫
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (43)
落描き (7)
登山 (17)
武装神姫 (7)
アメコミ (28)
漫画/アニメ (22)
ゲーム (19)
模型/玩具 (13)
日記 (1)

RSSリンクの表示

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。