First Sign:blog

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GW最終日:日光男体山

GW最終日の5月8日に日光男体山に登ってきました。

しばらく前からまだ行ったことが無くて日帰りできる山域は無いかなと探してはいたんですが、その中で一旦目に付いたのが日光の白根山。
たださすがに日帰りするには遠すぎるのと、今年のGWは雪が深いらしく行った人も登頂を諦めたという話ばかりでこりゃ無理かな~と思っていたところ、その手前にある男体山がちょうど5月5日に山開きを迎えたということで、ちょっと調べてみたら電車で日帰りが可能っぽい、登山としてのグレードも自分にも何とかなりそうってことで意を決して出発。
本当は土曜日に出かけたかったんだけど生憎の雨模様、翌日からの仕事を控えビクビクしながらの日曜日の登山となりましたとさ。

20110508a.jpg 20110508b.jpg
早朝の浅草から東武伊勢崎線で日光まで直行。
浅草からは乗車率6割程度だったのに、北千住や春日部を過ぎる頃には120%超え位にまで。
日光まで2時間超だから座れてよかった。

20110508c.jpg
東武日光駅のバスターミナルを堂々と横切る猫様。
向かいの土産物屋の飼い猫なのか、他にも数匹いましたが↑の子がひときわ大きくてびびる(笑)

20110508d.jpg 20110508e.jpg
東武日光からバスで約1時間、中禅寺湖の向かいにある二荒山神社に到着。
中禅寺湖とかいろは坂とか、小学校の修学旅行以来だよなぁー。

20110508f.jpg
境内で入山料の\500を払い、登録を済ませて出立。
山門をくぐってすぐにこの階段&急坂、斜面を巻くでもなく垂直に直登するからかなりきつかった。

20110508g.jpg 20110508h.jpg
急な山道を登って約30分で三合目に到着、ここからはしばらく舗装された林道を登ります。

20110508i.jpg 20110508j.jpg
四合目からやっと本格的に登山道へ。
ちょうどこの辺りから眼下の眺望が開けて、中禅寺湖の眺めが素晴らしいことに。

20110508k.jpg
六合目辺り。
五合目から六合目の間は、積もった雪が凍りついたツルツルのアイスバーンで占められて、足運びに気をつけないと結構怖かった。
六~七合目はひたすら岩をよじ登っていく感じ。

20110508l.jpg 20110508m.jpg
八合目~九合目辺りから一旦砂礫混じりの道に変わったと思ったら、すぐに一面の残雪に早変わり。
ほんと唐突に一面の雪景色に変わるんで、それまで歩いてきたすぐ後ろの景色とは全くの別世界に紛れ込んだ気分になりましたわ。

20110508n.jpg
前を歩いた人の踏み跡を忠実に歩いていれば何とか普通に歩けるものの、半歩踏み外しただけでこんな感じ(笑)
ここはまだひざまでで済んだけど、もうちょっと深いとこだと普通に股下まで雪に潜って抜け出すのに一苦労するような状態。

20110508o.jpg 20110508p.jpg
森林限界を超えた辺りから視界が開けて、ここもやはり唐突に雪景色が終わって砂礫と岩混じりの道に変わります。
この辺りは富士山と雰囲気似てますな、一面の砂礫や礫岩がここがかつて火山だったことを伺わせます。
砂礫は踏んでも進まないから苦手、頂上がすぐそこに見えていつつもかなり死に掛けてました(^^;

20110508q.jpg 20110508r.jpg
約3時間ちょいで山頂に到着。
眼下には中禅寺湖や戦場ヶ原、その向こうには日光白根山を始めとする日光連山が聳え立ち、八ヶ岳やら駒ケ岳など360度のパノラマが開けて素晴らしい眺めの一言。
日光白根山の威容がすごくてなー、あんなのに気軽に登ろうとか考えてたのかってちょっとガクブルしましたさ(笑)

20110508s.jpg 20110508t.jpg
頂上はものすごい強風が吹きまくってて、吹いてるときはそこらにしがみ付かないと身体が持っていかれそうになるくらいでした。
登ってる最中は暑くて半袖のシャツ1枚になってたのに、山頂に着くと寒くて寒くて。

んで、頂上に着いてあちこちうろついて写真も撮りまくったしで、一息入れて昼飯でも食おうとしたものの、強風のせいなのか気圧のせいなのかストーブが上手く点火できずorz
予備のライターも持ってかなかったもんで、水と冷えたおにぎりだけで済ませましたさーorz

20110508u.jpg 20110508v.jpg
下りは序盤は雪に足を取られて何度も転びつつ、更には岩稜の下りでひざが悲鳴を上げつつ、徐々に上がる気温で泥濘まみれの道からアイスバーンに足を取られつつと、何度転んだか覚えてないくらいにヒーコラ言いながら、何とか無事に下界まで到着。
神社前のバス停から来た道順を逆に辿って家まで帰り着きました。

んー、予想してたよりは結構楽に登れましたが、それでも登山道がほぼ最初から最後まで山に対して垂直に通ってるもんで、急な傾斜が続きっ放しなのが結構堪えましたね。
地図によると神社の標高が1,280mで山頂が2,484mと、3時間で一気に1,200mも登るのでやっぱりそれなりにきついのかと。
とはいうものの、岩稜登りから膝丈以上の雪、森林限界近くの2500mクラスの登山と、目まぐるしく変わる景色と自分には初体験のことが多くてこの時期のここに来て良かったと思えましたよ。
雪やら岩やら目に飛び込んできた時は驚くついでにもう笑うしかなかったですわ(笑)

ちょっと残念なのはせっかく日光まで行ったのに落ち着いて周りを見回す余裕が無かったことですかね。
さすがに今回のスケジュールでも時間が一杯々々で、ついでに観光とかとても無理っぽ。
二荒山神社から中禅寺湖のバスセンターって歩いて数分程度の距離なんで、いっそのことそこまで移動すれば土産物屋やら食堂やらいくらでもあったのだけどねー。
日光まで行って食ったのが、近所のコンビニで買った冷えたおにぎりだけってのはさすがになぁ。


出立(5:18)→浅草(6:20)→東武日光(8:37)→二荒山神社(9:40)→三合目(10:10)→四合目(10:30)→五合目(10:45)→六合目(10:57)→七合目(11:21)→八合目(11:52)→男体山山頂(12:48~13:22)→八合目(13:51)→五合目(14:42)→四合目(14:53)→三合目(15:06)→二荒山神社(15:26)→東武日光(16:51)→下今市(17:01)→浅草(18:45)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://firstsign.blog6.fc2.com/tb.php/76-986161cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

雲猫

Author:雲猫
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (43)
落描き (7)
登山 (17)
武装神姫 (7)
アメコミ (28)
漫画/アニメ (22)
ゲーム (19)
模型/玩具 (13)
日記 (1)

RSSリンクの表示

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。