First Sign:blog

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

槍ヶ岳(その2)

【8月31日】
夜中の0時過ぎくらいに何度か目が覚めたんですが、外を覗いてみると雲一つ無く満天の星空。
周りに人が殆ど居なかったおかげで去年の涸沢以上の星空に恵まれました。すげー。
ちなみに今回、去年の反省を生かしてテントでの環境を良くしようとサーマレストのマット(180cm)、LEDランタン、サンダルとアイテムを増やしたおかげで寝てる間も非常に快適でした。
寒くないって素晴らしい(笑)

20120831b.jpg
3時半過ぎに目が覚めたもののさすがにあたりはまだ真っ暗。
しばらく朝食にとパンかじったり荷物をまとめたりしているうちに5時頃になり、山頂の方を見ると小屋にも明かりがついて、登り始めてる人のライトがいくつか。

20120831c.jpg
5時半ごろになるともうすっかり明るくなって、昨日の雨がなんだったんだってくらいの好天。
とりあえずテントと荷物をそのままに、水とカメラ、あといくつかを背負って出発。

20120831d.jpg 20120831e.jpg
槍ヶ岳を背に昨日登ってきた槍沢方面を見ると見事な雲海がー。

20120831f.jpg 20120831g.jpg
30分ほどして槍ヶ岳山荘に到着。
辺りはもうそれこそ人であふれてるんですが、韓国語ばかりで殆ど日本語が聞こえない(笑)
なんつーかまぁ、言葉は聞こえなくて行動とか見るだけでも分かりやすいなぁと。
写真右は穂高方面、北穂小屋が見えますな、健脚の人はあそこから大キレット越えて歩いてくるってんだから恐ろしい。

20120831h.jpg 20120831i.jpg
20120831j.jpg 20120831k.jpg
きっかり6時に登頂開始。
何のタイミングなのか、槍ヶ岳山荘を目指していた頃には数珠繋ぎで数十人並んでいた人の群れも今はまったく無し。
少し先を数人が登っているだけでほぼ一番後ろを、自分のペースでゆっくり登れました。
それでもやっぱり鎖や梯子に差し掛かると緊張しますなー、却って前方に誰も居ないから、登り方の参考に出来なかったのもちょっと緊張した原因でしたが。
登ってる最中、かの有名な(?)小槍を目にしてちょっと感動(笑)

20120831l.jpg 20120831n.jpg
20分ほどで山頂に到着~。
山頂までの最後の梯子を上りきった時は、一気に広がる展望にさすがに目を奪われました。
20人も居れば一杯になって動けなくなるほどの狭い空間で、辺りは切り立った崖の向こうに広がる空と、さすがに素晴らしすぎる。
しばらく見とれてましたわー。

20120831a.jpg 20120831o.jpg

20120831m.jpg 20120831@.jpg
槍ヶ岳の陰が雲海に映ってるんですが、その穂先の周りに虹がかかっててまぁ綺麗。
本当は動画で360度の展望を取っておきたかったんですが、さすがに無理(笑)
立って歩くだけでもちと緊張するのに、カメラ手にして足元見ずに一回りとか、絶対無理(笑)

結局山頂には30分ほど居て、その後鎖と梯子頼り槍ヶ岳山荘まで降りてきました。
今まで他の人のレポート見ると大抵山頂には30分程度しかいなくて、何でせっかく登ったのにもっと居ないんだろうって思ってたんですが…。
あれは無理だ、30分以上居たら降りたくなる(笑)
槍ヶ岳山荘の前まで無事降りたとき、安堵感でホッとして柄にも無くガッツポーズとってましたよ(笑)

20120831p.jpg
んで槍ヶ岳山荘で名物のパンを軽く食しつつ、土産にとバンダナやら手ぬぐいやら購入。

で、家を出る前の本来の計画では、ここ槍ヶ岳山荘まで荷物を引き上げて山頂を往復した後、中岳、大喰岳を経て南岳まで足を延ばして、大キレットを一目見て天狗原に下りる計画を立てていたんですが、昨日の体力の使い具合とか南岳方面の道の険しさを見て、今回は素直に諦めて槍沢から来た道を引き返すことにしました。

20120831q.jpg 20120831r.jpg
殺生ヒュッテ近くまで降りてきて振り返ってみれば、まぁなんだこの晴天!!てくらい晴れ渡った青空でしたが、このきっかり5分後、一気に雲がかかって山頂どころか少し先すら見えない曇天に(笑)ナンダコレ

20120831s.jpg 20120831t.jpg
20120831u.jpg 20120831v.jpg
テントを撤収して荷物をまとめ、あとは降りるだけなんでひたすら一目散に下山開始。
数十人規模のツアーとか団体とか、やたらすれ違いましたね。やっぱり人気の山なんだなぁと。
降り始めて数時間、なんとか無事に横尾に到着~。

20120831w.jpg
恒例の徳沢園のソフトクリーム。
無事下山しての、ここのソフトクリームは何よりの楽しみ。

20120831x.jpg 20120831y.jpg
昼過ぎの人でごった返す河童橋。
今回この時点でかなり疲れきってたんですが、この人ごみの中を抜けるのはかなり辛かったorz

20120831z.jpg
帰り道の途中、去年も寄った八ヶ岳PAでベーコンとソーセージ入りのカレー(玉子入り)。
去年食ったのが美味くて今年もと寄ったんですが、やっぱり美味かった。


行く前までは色々と想像が膨らんじゃってかなり怖がってたし、行ってみれば初日は雷雨に見舞われるしで、また散々な結果になるのかなとか思いましたが、結果的には無事下山できて、更にはこれ以上無いくらいの好天に恵まれてと、良い山行でした。
なにより憧れの一つだった槍ヶ岳に登れたのはやっぱ嬉しいですよ、やっと人に山登りやってますって言えるくらいにはなった気分(笑)

今回ダブルストックの存在がかな~り有難かったです。
平地を歩く時は腕の力も使って前に進めるんで脚の負担が減らせたし、登ったり降りたりの時もバランスを取るのに大活躍。
持ってるとこんなに違うもんなのかと、使ってみてびっくりするくらい楽に歩けました。
逆に反省点としては、そのストックの恩恵にあずかって、必要以上に早く歩いちゃったことかなぁ。
帰りに余り遅い時間に上高地に着くのがいやだったもんで、横尾~上高地間は半ば走るかのように抜けてきちゃって、ゆっくりしなかったのは周りの迷惑も含めて反省。orz
おかげさまで最後の方は両足の裏でマメが潰れて足を引きずるような状態で、翌々日は全身が筋肉痛で殆ど身体が動かせませんでしたorz
もう一泊するくらいの余裕もって行けばよかったなぁ。


殺生ヒュッテ(05:15)→槍ヶ岳山荘(05:47~06:00)→槍ヶ岳山頂(06:22)→槍ヶ岳山荘(06:55)→殺生ヒュッテ(07:24)→テント撤収(07:24~08:00)→坊主岩屋下(08:26)→水場(08:42)→天狗原分岐(09:08)→大曲り(09:44)→ババ平(10:06)→槍沢ロッジ(10:26)→二の俣(10:50)→一の俣(10:57)→横尾(11:37)→徳沢(12:28)→明神(13:15)→河童橋(13:50)→上高地BT(14:20~14:40)→沢渡(15:10)→八ヶ岳PA(17:25)→自宅(20:30)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://firstsign.blog6.fc2.com/tb.php/128-22b65bbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

雲猫

Author:雲猫
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (43)
落描き (7)
登山 (17)
武装神姫 (7)
アメコミ (28)
漫画/アニメ (22)
ゲーム (19)
模型/玩具 (13)
日記 (1)

RSSリンクの表示

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。